うらぶれる夜というのがあって。

哀しいわけでも寂しいわけでもなく、
ただただ、我が身をもてあまし気味に、
声も出さず叫び出す。

火のついた夜に、
僕たちは僕たちの色んなものと告別する。

そうやって。