何となく、ドラゴンクエストの楽譜がamazonにオススメされたので買ってみました。

すぎやまこういち先生の曲は実にうまいこと考えられてるなあふむふむ、と楽譜を眺めながら、
そういえば1985年頃に読んだ雑誌のインタビューに、

「普通はね、敵のいるほこらとか洞窟とかっていうと気持ち悪い感じの音楽にするでしょ、
 でもそれはイヤなんだよね、そういう緊張感のある場所ほどきれいに聞こえないと」

みたいなことが書いてあり(小学生だったのでうろおぼえ)、
さすが東大卒!とか頭のよくないことを考えた記憶があります。

それはさておき、僕はドラクエはファミコンの3までしか知りません。
なので、このバージョンの序曲はよく知りません。
でも一応、30分くらい練習すれば形になる難易度だったので、景気づけに弾いてみました。
(他の曲は難しすぎてすぐ弾くのはムリでした)

行進曲とか軍歌とか、
そういった類の音楽は滅入っている時に弾くと、大砲で曇天模様の空を吹き飛ばす心持ち、実にストレス解消になってよいと思います。

僕は何か難しそうなことを考えいそうだとごくまれに言われますが、
実際には大砲打てば元気になる程度の単純な人間でして、
どかーんどかーんと独り言を言いながら弾くピアノもよいものですよ。

この曲は、そうですね、ブルグミュラーを弾いたことがある程度の技術力があれば弾けると思います。